海外で就職したい! 海外就職のための3つの方法

「海外就職」という言葉を聞いて思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。
「英語がペラペラな人だけができるんでしょ」とすでにあきらめている人もいれば、「現地へ行けば意外と簡単にできるかも」と楽観的に考えている人もいるのではないでしょうか。
今回は海外就職を本気で狙うための方法についてお伝えします。

海外就職の基本「ビザ」について

海外就職で大きな壁になってくるのが「ビザ」です。
ビザとはその国に滞在する目的によって国が発給するものです。
例えばあなたを雇用したい人がいたとすれば、日本ではそれだけで雇用関係が成立するのですが、海外では雇用主だけでなく国(移民局)も認めないと働くことはできません。
海外で働くためのビザは、一般的に就労ビザやビジネスビザと言われるのですが、最近は世界的にビザがおりづらくなってきています。

発端はトランプ政権発足と言われ、アメリカはもとより、トランプ大統領の移民排除政策に影響を受けた先進国でもビザ取得は厳しくなってきています。
その時の世界情勢によりビザ取得の難易度は変わってきますので、海外で働くのはその人の能力以上に運や時期が重要になってきます。

就労ビザが厳しい国、とりやすい国は?

それぞれ、ビザ申請者の状況にもよりますので一概には言えませんが、就労ビザ取得に厳しいと言われるのが、アメリカ・オーストラリア・イギリスなどです。
中程度の難易度であるのが、ニュージーランド・カナダ・アイルランド・マルタ・ドイツなど。
比較的とりやすいと言われているのが、マレーシア・タイ・ベトナムなどのアジア圏です。
同じアジア圏でも韓国やシンガポールは条件が厳しくなります。

学歴で言えば、ほぼどの国でも大学卒業以上でなければ就労ビザ申請が不可もしくは不利になります。
ちなみにシンガポールは6ヶ月のワーキングホリデーですら世界トップ200以内の大学在籍もしくは卒業者のみと定められています。
日本ばかりが学歴主義と思われがちですが、学歴重視のスタイルは世界スタンダードになっていることも覚えておくと良いでしょう。

海外就職のための3つの方法

①海外駐在

日本で就職して、海外勤務を目指すという方法です。
良い点としては日本で実務経験を積み、しっかりとその会社の知識やスキルを身につけた上で海外勤務ができるというところです。
給与も日本基準であることに加え、海外赴任手当がつく場合も多いため、金銭的にはかなり余裕をもって生活できます。

デメリットとしては実現までに時間がかかること、そして社内で実績を残す必要があるということです。
長期的な視野で見た場合は、お給料をもらいながら十分な準備期間をとる事ができるので理想的とも言えますが、その分狭き門であるということは認識しておきましょう。
海外駐在がしやすい主な業種としては工場・品質管理、金融、コンサル、商社、貿易などです。
主に外資系が多いのですが、就職先を探す際には海外駐在のチャンスがあるかどうか、必ず確認してから選ばれる方が良いでしょう。

また、トヨタなどの大企業であれば社内留学制度などを採用している企業もあります。
希望する会社にキャリアパスとして、その様な制度があるかどうかも下調べしておくと良いでしょう。

②現地採用

海外駐在に比べるとハードルは下がりますが、前述した通り昨今は就労ビザがおりにくくなっていますので、以前より難しくなりました。
それでも運が良ければ高い英語力がなくても海外就職できるケースもあり、チャンスがないわけではありません。
ワーキングホリデーからスタートして、現地で気に入られて就職したという人は今でも多いようです。

現地で就労ビザがとりやすい職種としては、飲食(日本食料理屋、寿司屋など)、ツアーガイド、テレアポ(日本語)などで、資格や経験が必要なものでは理容師・美容師・日本語教師・保育士などです。

③海外就職エージェントを利用する

ネットで検索すると、海外就職をサポートしてくれる様々なエージェントがあります。
内容を見ると簡単に就職できそうな気持ちになりますが、実際はそれほど簡単なものではありません。
登録したら内容をしっかり確認する様にしてください。

また、ビザ申請費用や多額のサポート費用を支払った挙句に就職が決まらなかったという話も珍しくはありません。
万が一就職が決まらなかった場合、支払った金額はどうなるのかなどの条件面を確認しておかないと後悔することになるかもしれませんので、しっかりと確認する様にしてください。

海外就職と英語力

海外就職は簡単にできるものではありませんが、アンテナを張り行動すれば必ずチャンスが訪れます。
なかには「英語力不問」という内容もありますが、例えそういった条件であったとしても、海外生活をする上で英語が話せるのと話せないでは、天と地ほど楽しみ方が違ってきます。

昨今はAIのや翻訳の技術も発展し、スマホなどの端末があれば英語は困らないだろうと思われている方もいますが、言葉は生き物であり、そして何よりも、相手の口から発せられるトーンや表情から心が通じあうことがほとんどです。
そのため、海外就職を実現させるためには、その行動力と継続して英語力を上げていくこと(準備)が大切です。
英語は一朝一夕で身につくものではありませんので、日々の生活の隙間時間をうまく利用してコツコツと学習していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする